義足のピストリウス選手の恋人射殺事件

義足のピストリウス選手が恋人を打ち殺してしまった事件、本当に衝撃的ですね。
ピストリウス選手は殺意はなかったと言っていましたが、真実はどうなんでしょうね。

状況がさっぱりわからないのですが、銃社会ってやっぱり怖いな~と思いました。
でも、南アフリカって、すごく治安が悪いっていいいますよね。

レイプも殺人も何秒に1回発生しているとか、
世界でも稀に見る凶悪犯罪の都市ですから、義足の人が身の危険を感じたら、
やっぱり過敏に反応してしまうのではないかな・・・という部分もちょっとわかりますね。

自分には逃げる脚がネックなので、もしも身の危険を感じたら、
やっぱり銃で身を守ろうと感じると思います。

ただ、もともと恋人と二人なのに、侵入者と勘違いするっていうのは、
ちょっと意味がわからないですよね。

真実はわかりませんが、南アフリカの状況も考えると、
やっぱり侵入者と警戒してうつのもあるかな~と思ったり。

逆にやっぱり恋人を侵入者と勘違いっていうのは、無理があるような・・・。
ただ、本当に間違って撃ってしまった場合、本当に心から
傷ついているのはピストリウス選手だと思います。

恋人を自分で殺してしまうなんて、ショックであり得ないですもんね~。
生涯苦しみそう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*